住宅豆知識

部屋をリフォームしてロフトを作ろう!空間を活かして快適に住まうには


通販などでロフト式のベッドが売れています。でも、自分で組み立てるとなると大変ですし、そのためのスペースも必要です。輸入品が多いため、強度に不安もあります。最近の地震の多さを考えると、部屋の一部をリフォームして、しっかりしたロフトを作った方が安心です。

<容積率を確認しよう>

Comp_85725817

容積率とは、敷地に対する建物の延べ面積の割合の事。建築基準法に定められていて、「指定容積率」と「前面道路による容積率」があります。

ロフトの場合、この「延べ面積」に含まれる場合と含まれない場合があります。高さが1.4m以下、可動式のはしごを使用するなどの基準を満たせば延べ面積に含めませんが、1.4mより高くなり、階段を使用すると延べ面積に含まなければなりません。(自治体によって若干違いがあります。)

工費を安く抑えることが可能

Hobby time. Concept man working on computer unusual handcrafted

1.4m以下の場合は収納中心に使い、それ以上の場合は部屋として利用すれば良いでしょう。

どちらにしても、一般の増築や改築よりずっと工費を安く抑えることができます。

<収納用のロフト>

屋根裏部屋の感覚で使用することになりますが、気を付けなくてはいけないのははしごの形状です。通常のはしご形だと、ロフト内で何かをするのなら問題はありませんが、物の出し入れには非常に使いづらいもの。家族の人に下にいてもらい、荷物を受け取ってもらうなどしないと危険です。今は簡易階段式のはしごがあり、踏み板があるので安定性があり、安心です。

はしご

なお、はしごがじゃまになるようであれば、折り畳みのものもありますので、リフォームの際相談してみては。逆の発想で、収納スペースとしても使える階段を作りつける方法もあります。

<部屋として使うロフト>

Selbstndig

天井の高さがかなりあるとか吹抜け部分に作るのであれば、充分一部屋としての機能がありますが、通常はそこまでの高さは取れないのではないでしょうか。

子供部屋にロフト

その場合は、ロフト部分をベッドとして利用し、その下に机や本棚、クローゼットなどを置けば、部屋を広々と使うことができます。逆に、狭い空間を活かして小さい書斎風にしたり趣味の部屋にしたり、といった使い方もできます。特に子供部屋にロフトを作るのがおすすめです。

<ロフトで注意すべきこと>

ロフトは冬は暖かくて良いのですが、夏はかなり暑くなります。そのため、ベッドとして1年中使う場合は、断熱をしっかりする、窓や換気扇をつけて風通しをよくする、などの工夫が必要です。一戸建ての場合、1階の部屋をロフトにした方が、夏は2階よりずっと涼しくなります。

コンセントを忘れずに

コンセントも忘れずつけてもらいましょう。何をするにしても、部屋の灯りだけでは暗いですし、電化製品を使うことが必ずあります。

<費用を抑えるには>

まずはロフトを何に使用するかを考え、広さを決定しましょう。照明、換気扇、棚など、何が必要か、断熱はどうするかなどによって、金額は変わります。断熱とコンセントだけつけて、後は手持ちの照明器具や扇風機、カラーボックスなどを置くようにすれば、費用は抑えられます。


Comments are disabled.