住宅豆知識

魅力満載の低炭素住宅


低炭素住宅とは?

家族みんなが長く快適に住むための家づくりプランに、夢は広がります。環境に優しく低コストな低炭素住宅は、将来にわたり新しい魅力がたくさんあります。低炭素住宅は、二酸化炭素の排出量を抑えるための処置が講じられた建築物のことです。平成24年12月4日に施行された「都市の低炭素化の促進に関する法律」の制度の中で定められました。市街地区域内に新築され認定を受けた低炭素住宅は、税制優遇措置や容積率の算定に関する優遇措置が受けられます。低炭素建築物新築等の計画を作成し申請した結果、低炭素化を促進するための基準に適合するなら認定されます。

低炭素の認定条件

DIY,

低炭素化の取り組みとして設置できるものの中に、雨水・井戸水・雑排水利用設備や節水機器、HEMSやBEMS、太陽光発電など再生エネルギーの発電設備や定置型蓄電池があります。ヒートアイランド対策や住宅劣化の軽減措置、木造住宅・建築物や高炉セメント等の使用もあります。この中の二つ以上を採用することが必要です。また、建物の構造自体の省エネルギー性を改正省エネルギー基準より10%以上削減することや、断熱材や断熱サッシを使用し、省エネルギー基準による建物の外皮性能が求められます。認定対象は省エネルギーを考慮し、乗用車の利用距離が少ない市街地区域等に限られます。

低炭素住宅のメリットー税制優遇措置

家庭

住宅ローン・控除ローンの限度額が、一般住宅は2,000万円ですが、低炭素住宅・長期優良住宅は最大3,000万円に引き上げられます。控除率は、一般住宅・低炭素住宅・長期優良住宅ともに1%なので、所得税減税適用が毎年最大30万円、10年間で最大300万円になります。また登録免許税が、一般住宅は0.15%ですが、低炭素住宅は0.1%に引き上げられます。フラット35S金利Aプラン適用のため、月々8,500円前後お得になります。固定資産税も3年間2/1に軽減され、不動産所得税控除も最大1,200万円になります。

低炭素住宅のメリットーランニングコストの低下

低炭素住宅は、毎日の暮らしに必要な使用エネルギーが少なくなりますので、一般住宅に比べて毎月の光熱費が安くなります。従来かかるはずの月々の光熱費を年間にまとめると、かなりの出費を抑えることができます。また、低炭素住宅としての認定証発行により、将来売却になる必要が生じた時にも資産価値が高くなります。

低炭素住宅のメリットー長期優良住宅との比較

低炭素住宅に似た優遇制度が受けられるものに、長期優良住宅があります。長期にわたり良好な状態を保てるよう講じられた長期優良住宅は、省エネ性能・耐震性・劣化対策等の住宅性能を高めにする必要があるため、建築費用も高くなります。また、低炭素住宅は長期優良住宅よりも簡単に認定が受けられます。低炭素住宅と比較的似ている優遇内容のため、長期優良住宅よりもコストを抑えることができる低炭素住宅を選ぶ方が増えています。

低炭素住宅のメリットー循環型社会に貢献

エネルギー需給の変化とともに、地球温暖化現象による問題への意識の高まりや、エルギー利用に関する意識の変化が生じています。低炭素住宅は、エネルギーの持続可能な活力ある次世代作りや、循環型社会を目指して進められている建築物です。


Comments are disabled.