営業ブログ

家のリフォームの際は通風・換気のことを考えましょう


窓

こんにちは!野田です!

お家のリフォームの際はいろいろ考えなくてはいけませんが、通風のことを考えることもとても重要です。

そうしないと家の中がジメジメしてしまいますからね。

今回はリフォームの際の通風のポイントについて説明したいと思います。

①風邪の流れを考慮して窓を配置する

南側に大きな窓を配置した場合、対面または対角線上の北側に小窓を配置するようにします。風の入り口と出口を意識するようにしましょう。

②窓の位置を検討するときには、家具の位置も考慮する

空気の流れを妨げるような、大きな家具の配置には特に気をつけましょう。また、通風・換気を意識するあまり。窓を多く配置しすぎては
家具を置くための壁が足りなくなってしまうケースもありますのでご注意ください。

③一つの部屋だけではなく、家全体で風の流れを考える

窓を2つ以上作ることができない部屋や納戸などどうしても空気がこもってしまうお部屋は、湿気が溜まりカビが発生しやすい部屋になってしまいます。

そのため、各部屋を繋ぐ扉にアンダーカットを入れたり、引き戸で仕切ったりするなど、隙間を作って空気が通るようにすることも対策になります。

④建物の形状、向き、周辺の状況など、立地条件に合わせて計画する

一般的には、隣地との距離は極端に狭くならないようにして風の通り道を作ります。隣地との間を取れない場合にはトップライト(天窓)で空気の出口を作るのも有効な換気方法になります。

以上、リフォームの際の通風についてのポイントについて説明しました。リフォームを考えている方がいらっしゃいましたら是非ご参考ください。


Comments are disabled.