営業ブログ

家の中の結露について


水滴

こんにちは!!

皆さん、部屋の窓のところで、水滴が発生してほったらかしにしているとカビが生えていたり。。。などという体験はないでしょうか。
あの水滴は結露といいます。

今回はその結露について説明したいと思います。

結露はどんな場所で起きやすいのか。

いろいろな条件があるため、一概に断定はできませんが日本ではおおむね次のようなことがいえます。

  • 1.戸建て住宅よりマンションの方が結露は起こりやすい。
  • 2.南側より、北側の方が起こりやすい。
  • 3.空気の流れがないと結露は起こりやすい。

マンションはなぜ結露が起きやすいのか。

一度マンションに住んだことがある人なら、戸建て住宅と比べどの部屋の温度も比較的安定し、平均化されています。冬はぽかぽかと、日中の南の部屋に降り注ぐ暖かい太陽は、部屋の暖房器具なしでもうたた寝ができるほどです。
しかし、窓が少なく、換気がしにくいその構造は一歩間違った使い方をすると常に結露の危険性をはらんでいるのです。通常マンションは戸建て住宅より高い気密性をもっています。鉄筋コンクリートで作られ、換気のための窓も南側と北側だけと少なく、換気扇も浴室・トイレ・台所以外には設けていません。

また、コンクリートは約10年間にわたってコンクリートの中の水分を外へ放出していきます。
特に建築後1~3年の間はその放出が著しいとも言われています。

こんな部屋で、梅雨時、部屋を閉め切り換気をせず、室内に洗濯物を干している共稼ぎ世帯は間違いなく室内のどこかで結露が発生していると考えて間違いありません。

ここで、以下に結露の対策について紹介します。

対策1:水蒸気が発生するものは、換気を併用する。

やかんでお湯を沸かす、鍋物をする、洗濯物を干すなど、水蒸気を発生させる原因はいろいろあります。そんなときは必ず換気扇を併用しましょう。
また、換気扇はその発生源の近くで回すのが原則です。

水蒸気の発生源と換気扇が遠くなればなるほど、空気は換気扇にいくまでに滞留できる場所があるとそこに滞留し、水蒸気もそこに残ります。それは当然結露の原因を作っていることになります。

対策2:押入・クローゼットの空気を入れ換える

晴れた日には時々押し入れやクローゼットの扉を開け、その中の空気を入れ替えることをオススメします。
湿気が続いた季節にそのままにしておくと、その中で滞留した水蒸気は逃げ場を失い、室温が低くなり露点以下の温度になると結露となって現れます。

対策3:換気扇は常にまわしておく

マンションは、戸建て住宅と比べて、自然換気がしにくい造りになっています。
これを補うには換気扇を回すしかありません。
就寝中以外は浴室か台所の換気扇を常に回しておくことが結露を防ぐ一つの方法です。お湯を沸かす、煮炊きをする以外にも湿気を発生させるものはいろいろあります。常に空気を流し、入れ替える。

結露を防ぐにはこのような対策があります。やはり空気を入れ替えるというところが鍵になってくるようですね・・・結露にお困りの方は是非ご参照ください。


Comments are disabled.