営業ブログ

IHクッキングヒーターについて


IHクッキングヒーター

今回は、IHクッキングヒーターのメリットデメリットについて話していきたいと思います。

IHクッキングヒーターのメリット

●火を使わないため、安全です。
IHクッキングヒーターでは火を使わず、鍋自体を発熱させるので、火災になる心配がありません。また、コンロから鍋をはずすと加熱がストップすることになるので、消し忘れの心配をする必要もありません、高齢者の方も安心してご利用になることができます。

●メンテナンスしやすく、常に清潔な状態を保つことができる
IHクッキングヒーターはガスコンロと違いフラットな形状をしているため、ふきこぼれたとしても、天板をさっと一吹きするだけで常に清潔な状態を保つことが可能になります。また、火を使わないので上昇気流が発生することがなく、壁や換気扇に油や汚れが飛び散りにくいです。

●立ち上がりが早く、高火力
IHクッキングヒーターは火力が弱いといったイメージがありますが、立ち上がりが早いうえに非常に高火力です。

●快適に料理をすることができる
火を使わない加熱のため、部屋の温度上昇が非常に少なくて済みます。そのため夏でも涼しく快適に料理をすることができます。

IHクッキングヒーターのデメリット

●鍋振りができない
鍋がIHプレートに接していないと発熱しませんので、炎を使った時と同じ調理法をすることができません。
(※ただし、近年では光センサーなどを使用し、鍋振りを可能にしている製品も出ています。)

●使用できる鍋が限定
オールメタル対応のIHであればほとんどの鍋が使用可能ですが、その分値段が高くなってしまいます。標準のIHクッキングヒーターの場合は鍋底が平面になっているものなど。IH対応の鍋を使用しないといけないといった制限があります。

●停電時に使用できない
電気を使用するため停電時に使用することができません。停電が回復するまで待てばすむ話なのですが、台風や地震などの災害時には復旧が長時間見込めないため、大変不便に感じることになります。

●電磁波による影響が心配
IHクッキングヒーターは「電磁波によって体に悪影響があるのではないか」といった声を耳にすることがあります。確かに、電化製品なので電磁波は当然発生してはいるのですが、IHクッキングヒーターから発せられている電磁波おの数値は、国際基準で定められている安全基準の数値を大幅に下回っているため、人体に悪影響を及ぼすということは考えにくいようです。

IHヒーターはガスヒーターより便利なところが多いですがもちろん不便なところもあります。キッチンリフォームをする際はこういった視点も参考にしてご検討ください。


Comments are disabled.