営業ブログ

新築一戸建て購入を決める3つの基準


cf56b5d395607c64eb6f46220f340095_s

こんにちは。弊社では新築設計施工もしておりますので、今回は新築一戸建て購入を決める3つの選ぶ基準を説明します。
一戸建てマイホームはみなさんの家族の夢でもあると思いますので、是非ご覧ください。

新築一戸建ては土地と建物のバランスがいいこと

どんなに土地の条件がよくても建物がよくなければ快適には住めません。また逆にどちらかがどちらかを補うというのは一戸建ての場合無図か良い考え方かもしれません。土地と建物のバランスが良い事、住環境や広さやコスト面も含めてですが、新築一戸建てを選択する上では重要な要素のひとつです。

新築一戸建ては設計図面が整っている物件である事

新築一戸建てでも剣舞の場合等は設計図面を引き渡さないケースが多いですが、設計図面は必ず受領すようにしましょう。住み始めてから当面の間は図面を開く事は無いかもしれませんが、将来リフォームするときやメンテナンスをするときに新築時の図面が必要になります。今後は図面の有無で物件の価値に影響がでることもあるかもしれませんのでご注意ください。

新築一戸建ては周囲での災害リスクが高くない事

地盤の善し悪しで大きな自身の時のリスクも異なってきますし、地震だけではなく集中豪雨による浸水リスクも今後は十分に注意が必要です。地震の被害想定や大雨の際のハザードマップはほとんどの市区町村で整備されていますので事前に確認できます。新築一戸建てを選ぶときは、できれば地歴も確認できるとより安心です。

以上、3つのことを基準にして新築一戸建てを購入しましょう!!


Comments are disabled.