営業ブログ

基本的なリフォームの流れ


864addee0f6b25bdde84b4cb4ce4c60c_s

こんにちは!野田です。

今日はお風呂でもキッチンでも何でもいいのですがリフォームをしようと思ったら全体的な流れを知っておいた方が物事をうまく勧められると思います。ですので今回はリフォームの基本的な流れを簡単にご説明していきます。

STEP1 リフォームの目的をはっきり

どの部分をどんなふうに変えたいのか、リフォームの目的をはっきりさせておくことが重要です。
まずは予算抜きで、理想のイメージを出し合い、そのイメージのメリット・デメリットをピックアップして優先順位をつけましょう。

STEP2 情報収集し具体化しよう

ウェブサイトや雑誌・カタログから、どんなリフォーム例があるか、またはどんな機器やデザインがあるのかなど情報を集めます。
ショールームへ行くのもお勧めですね。実際にモノをみて体感するとさらにイメージしやすいと思います。そこでスタッフとも相談して最適なリフォームの形を具体化していきましょう。

STEP3 施工店に相談

依頼する会社は、専門業者、近隣の工務店、住宅設備会社など。現場調査から概算まの見積もりを取るまでは無料でしてくれるお店がほとんどですので、気軽に相談してみましょう。

STEP4 プランを検討

事前に家にきてもらい、家の現状を把握してもらった上で伝えた要望をもとに大まかなプランと見積もりをだしてもらいます。プランの内容が打合せ通りになっているか、追加や無駄の部分はないか、十分に検討しましょう。不満があれば、この段階で修正してもらう事が大切。わからないことは遠慮せずに納得いくまで説明してもらいましょう。また商品は、ショールームで実際の使い勝手や色等を確認した上で決定するのがおすすめです。

STEP5 発注・工事・引渡

工事中は依頼先に任せきりにせず、できるだけ自分でも予定通りに進んでいるか、指定した材料や機器が使われているかなどの確認をしましょう。
引渡の際にはプラン・見積書どおりに仕上がっているか担当者立ち会いのもと確認し、不具合があれば代金を支払う前に直してもらいます。
設備機器関係は、保証書や取扱説明書の有無を必ず確認しましょう。
引渡のあと、不具合な点が見つかったり、設備が故障してしまったら、すぐに依頼先の担当者に連絡を取りましょう。また故障はなくても定期的なメンテナンスは必要です。

いかがでしたでしょうか。リフォームの際は是非上記のおおまかな流れを知った上で進めてくださいね!


Comments are disabled.